こんにちは!株式会社雅です。
弊社では、静岡県富士市を拠点に、外壁塗装や屋根塗装といった塗装工事全般・総合防水工事を承っております。

施工実績を更新

施工実績を更新しましたので『施工実績ページ』をぜひご覧ください。

ベランダ・バルコニーの床は、紫外線や雨の影響を受けるため、定期的に補修や防水工事を行う必要があります。
防水工事にはウレタン防水・FRP防水・シート防水といった種類がありますが、それぞれどんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのか知りたい方も多いのではないでしょうか?
今回は、皆さまからよくあるご質問、『防水工事に関する工法の違いや特徴を知りたい』にプロがお応えいたします!

ウレタン防水・FRP防水・シート防水

■ウレタン防水

メンテナンスで多く用いられるのがウレタン防水です。
比較的に安価で、どんな素材にも施工できる防水工事です。
【メリット】
・どんな下地でも対応可能
・形状が複雑なベランダにも対応可能
・短期間で安価に施工が可能
【デメリット】
・職人によって品質に差が出る
・雨漏りしているベランダに施工すると膨れなどの症状がおこるため施工が出来ない

■FRP防水

ベランダで新築時に多く用いられるのがFRP防水です。
繊維強化プラスチックのシートを貼り付け、その上に防水材を塗りつける工法です。
【メリット】
・強度があるので、上に物を置いても耐えられる
・塗膜防水なので継ぎ目が出来ず、防水性が高い
・すぐに乾くので工期が短い
【デメリット】
・伸縮性がないので、ひび割れが起きやすい
・紫外線に弱く定期的なメンテナンスが必要
・下地が鉄部の場合は施工が出来ない

■シート防水

合成ゴムや塩化ビニール樹脂で作られた「防水シート」を貼る工法です。
シート防水には、「ゴムシート防水」と「塩ビシート防水」があります。
ゴムシート防水
【メリット】
・伸縮性があるのでひび割れしにくい
・施工単価が比較的安い
【デメリット】
・紫外線には弱いのでメンテナンスが必要
・衝撃や鳥害に弱い

塩ビシート防水
【メリット】
・紫外線に強い
・トップコートがいらない場合が多い
【デメリット】
・凹凸のある床面には施工できない
・接合部分の施工が難しいので業者選びに注意が必要

防水層は、素材によって異なりますが、太陽の光などによって日々劣化していくため、ひび割れなどが発生する前に、10年に一度を目安にリフォームすることをおすすめしております。

ベランダ・バルコニーに水がたまったり、塗膜や防水層のひび割れ・剥がれなどの症状が出た場合は、目安期間にかかわらず補修工事が必要です。
気になることなどございましたら弊社までお早めにご連絡くださいませ。
弊社では、皆さまが安心して建物を利用できるよう、細部まで見落としなくチェックし、効果が長く持続するような防水工事を提供いたします。
防水工事のご用命は弊社に安心してお任せください!

最後までご覧いただきありがとうございました。


静岡の塗装に関することは富士市の株式会社雅
ただいま新たな塗装スタッフを求人中です!
〒419-0202
静岡県富士市久沢970-1
電話:0545-67-5889 FAX:0545-67-5889
※営業電話・セールスお断り
静岡県知事許可(般-26)第37125号